«

»

8月 02

WordPressをPostgreSQLでインストールする

身近に行き違いから?WordpressのデータベースをPostgreSQLで運用している環境があり、Wordpress3.9.1をインストールしようとしたところ、真っ白になってしまって慌ててリカバリしたという経験があります。

そこで、実験用としてこちらのサーバで同様な環境を作成して試行錯誤していきたいと思い、Wordpress3.8.3をPostgreSQLでインストールしましたので、メモしておきます。

WordPressをPostgreSQLで使いたいゾウ!を参考にさせていただきました。

PostgreSQLでwppostというデータベースを作成しているとします。

今回はあえて3.8.3をインストールするので、WordPress 日本語ローカルサイトから過去のバージョンをクリックし、wordpress-3.8.3-ja.zipをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍します。(たとえばd:\wsなど)

解凍したフォルダのwp-config-sample.phpをwp-config.phpにリネームまたはコピーします。
wp-config.phpの編集を行います。

22〜39行目の内容をPostgreSQLで作成したデータベースの内容に変更します。

50〜57行目をこちらで表示されるものに変更します。

例えば
define(‘AUTH_KEY’, ‘}dY-bb2h)Bemq6h2|=.1TpMo=f$L[#Pn$3Vy%}[$KH3|/:ptqAu70gxJ%VM8SAt');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'B3p]!;xq>rv}s{}a KCg! 0L/-lbN_Nbw_aH}vJ68Xtl+:oM2M3~/W>>h+8o({U)');
define('LOGGED_IN_KEY', '2l2Um+3#eWC,5-?
SR,(%cD-p~Unxx+sA{Si-PD=S.7y!O$JojindNg-)4C+{jk#’);
define(‘NONCE_KEY’, ‘/lxu^d))Mw|!HON&3(X+]&PI#T;y.3D4d_ .vRvRzBX/q}_w:q>IvgZ~ZyEsx{G');
define('AUTH_SALT', 'v8+
^x7$V5Ws5/D32]Hi1%{Qw-X3Uy;Qq+%Z3S[YXkPB@+%N^8(aRKk>93LRf|?m’);
define(‘SECURE_AUTH_SALT’, ‘{:#<$zz@ tB];V–;+*v[@f$wD4h6RV]vZ]^zDW9^V{>vSHdJ+jiz)6c#x%Mao-.’);
define(‘LOGGED_IN_SALT’, ‘-}M*gcr8(0?+rN/tf/hIcc?ffb}l!3l MBlqc-:Wx5GiEWR}GRbO:)D] A=g9<D');
define('NONCE_SALT', '+bn7waGAUGq}<xA Y(d}U,_=i#=Hp-
;U+^(<&)TTpb+zc,$Z.dC9p0N+1,d,&,A’);
です。(これはコピーしても動かないかもしれません)

次に、PostgreSQLを利用できるようにするプラグインをPostgreSQL for WordPress(PG4WP)からダウンロードします。

解凍し、先ほど回答したWordpressのwp-content/pluginsフォルダにコピーします。

PG4WPフォルダ内のdb.phpの25行目のfalseをtrueに変更します。
define( ‘PG4WP_INSECURE’, true);
変更したdb.phpをwp-contentフォルダに移動します。

そしてD:\wsのファイルをサーバにコピーします。

その後はWordpressにアクセスすれば指示通り入力すればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">